ボイルなしのパスタ料理!!
迅速かつ忙しいときに有効でパスタ料理としては怠けたような作り方です。
しかし、それはとてもクリーミーでとても満足できる料理です!

Chicken and Broccoli Pasta Bake

私がパスタ料理を作る時に精神的に苦戦してしまうのは、パスタを茹でる です。別の大きな鍋でたっぷりのパスタを茹でる。そして水切りをする。この後の鍋と水切り網の片付けに戸惑ってしまいます。

これを省く行為として、One Pot(鍋一つ) や One pan(フライパン一つ)で乾燥パスタと材料を加えて作るレシピがあります。これも非常に簡単で有効ですね!

しかし、このレシピは、究極のLazy(だらける・怠ける)な料理です。それが、キャセロールとオーブンを利用したこの方法です。

オーブンの力をかりて耐熱皿(キャセロール)の中で調理してしまうのです。そして、そのままテーブルにコーディネイトします。

ヘルシー志向ならば、鶏肉はむね肉やささみにします。

Ingredients to Make Chicken and Broccoli Pasta Bake

  • キャセロール皿(23㎝~26㎝)2つ使用
  • 鶏肉 
  • 塩・胡椒
  • ドライタイム
  • フリッジパスタ(らせん状型)
  • チキンコンソメ(固形)
  • 牛乳
  • にんにく
  • バター
  • ブロッコリー
  • とりけるチーズ
  • 小麦粉

4~5人分の大きなキャセロール皿は日本では持つ人も少ないかと思います。長さが23㎝~26㎝・幅17㎝~20㎝あたりのを2つ使います。 

2~3人分ならば半分の量でも作れますので耐熱皿は1つでOKです。家族全員4~5人ならば2つ必要になります。

英語でキャセロールと言いますが、日本の商品で検索すると(ガラス)耐熱皿グラタン皿でてきます。

How to Make Chicken and Broccoli Pasta Bake

二つのキャセロール皿を使う時は、材料の量を半々に使い料理します。

鶏肉は小さめの一口サイズに切ります。ブロッコリーは蕾の部分を半分か1/3ぐらいに切る。にんにくは細かいみじん切りにする。

鶏肉にドライタイム(又はお好きなハーブ・ドライミックスハーブ)を加え多めの塩とこしょうを好みの量で加える。(塩は多めの方が美味しいです)そして、しっかり混ぜ合わせて置いておきます。

キャセロールにパスタと小麦粉を加える。(※小麦粉を分量内の少量の牛乳で溶かしてから加えることもできる)牛乳・水・砕いたチキンコンソメ・にんにく・バターを入れてとてもよく混ぜる。

よく混ぜたら、鶏肉を加える。鶏肉の上にブロッコリーを加え、アルミホイルをかぶせます。

220度の予熱完了後に20分間焼きます。ホイルを外し、牛乳が冷たくなければとてもよくしっかり混ぜてください。上下をひっくり返したりしてよくかき混ぜる。(もし、牛乳が冷たければ30分間焼く+10分追加焼きします。)

キャセロールの中をしっかり混ぜたら、とろけるチーズを加えてさらに混ぜる。表面に残りのチーズをかける。

同じく220度で20分焼く。表面がすごく金色に焼けてソースが濃くなるまで焼く。

このレシピの作り方では、完璧なホワイトソースにならない事を理解します。下の写真でよく見ると気づきますが、少し水っぽさがあります。やはりこれは、ラクする料理の小さな妥協です。

けれど事前にホワイトソースを作ったり面倒な手間を省いた究極な料理で美味しいパスタです。

美味しくするポイントとして、よく混ぜることです。そして、牛乳を加える時温めてから加えると写真⑩~⑪の工程では時間が20分間焼きで完成します。

More Pasta Recipes You May Lile

20分の料理!気楽で快適、本格イタリアンのスパゲッティ・カルボナーラ
簡単15分で作る絶品の病みつきタコパスタ(アメリカンフード)
ほうれん草ソースのスパゲッティ 簡単で人気のパスタレシピ

Chicken and Broccoli Pasta Bake Recipe

キャセロールで世界一、怠惰なクリーミーチキンパスタ

Course: DinnerCuisine: AmericanDifficulty: Easy
Servings

servings
Prep time

10

minutes
Cooking time

35

minutes
Total time

45

minutes

材料

  • 鶏肉(小さめの一口サイズ) 300g

  • 塩・こしょう   適量

  • ドライタイム

  • フリッジパスタ  250g

  • 牛乳  500ml 

  • チキンコンソメ  1個

  • 水  375ml

  • にんにく(みじん切り) 大1個

  • バター 大匙1

  • ブロッコリー(つぼみの部分) 1株

  • とろけるチーズ  150g

  • 小麦粉 35g

Instructions

  • 鶏肉は小さめの一口サイズ・ブロッコリーは大きければ1/2~1/3に切る。にんにくは細かいみじん切りにする。鶏肉にドライタイムを加え多めの塩とこしょうを加えて混ぜ合わせる。
  • キャセロールにパスタを入れ小麦粉を加える。(※小麦粉を分量内の少量の牛乳で溶かしてから加えることもできる)
  • 牛乳・水・砕いたチキンコンソメ・にんにく・バターを入れてよく混ぜ合わせる。よく混ぜたら、鶏肉を並べてその上にブロッコリーを並べる。キャセロールにアルミホイルを被せて、220度の予熱完了後に20~30分焼く。
  • 20分後ホイルを外し、牛乳が冷たくなければよく混ぜる。上下ひっくり返してしっかり混ぜる。【※もし牛乳が冷たいならば、30分間(さらに10分追加)焼く】しっかり混ぜたら、とろけるチーズを加えて混ぜ合わせ、残りのチーズを表面にかける。
  • 220度で20分焼く。表面がこんがり金色に焼けてソースが濃くなるまで焼いて出来上がりです。

Notes

  • このレシピの作り方では、完璧なホワイトソースにならない事を理解します。少し水っぽさがあります。やはりこれは、ラクする料理の小さな妥協です。
  • 美味しくするポイントとして、都度よく混ぜることです。牛乳を加える時に、温めてから加えると牛乳は冷たいままにならず、10分追加焼きをせずに20分で焼くことが出来る。

コメントを残す