スープとシチューの違いとは何だろうか。とふと思ったことはないだろうか。

What is the Difference Between Soup and Stew?

スープもシチューも目的は同じで、家族がみんな喜んで栄養たっぷりの安らぎのある食事を提供することです。スープとシチューは、どちらも同じボウル(お椀のような深さのある液体を入れるお皿)に入れて食べるものです。

スープとシチューは非常に似ているので見分けるのが難しい場合がありますが、いくつかの違いがあります。

スープとシチューの大きな違いは、主な材料である液体にあります。
スープでは、鍋の中の液体は成分の主な供給元です。スープには、完全に液体化されたものと、スープ(水・ストック・ブロス)に完全に浸された肉・魚・野菜などの要素が含まれているものがあります。

シチューでは、スープよりもはるかにボリュームがあり、濃厚です。 具材もしっかりとしていて全体的に液体を含みますが、主な具材を覆う程度の量です。

別の見方をすれば

・スープとは、材料を液体で煮込んだもの。
・シチュー(煮込み料理)とは、蓋をして鍋の中で具材に十分な液体をかけて長時間煮込む料理のこと。

簡単に言えば

・スープもシチューも材料を液体で煮込んだもの。
・だが、一般的にはスープよりもシチューの方が液体(汁気)が少ないです。

More About Soup

ープの特徴は、だし汁、クリーム、ピューレなど液体が主成分です。

スープは、野菜、肉、魚などの食材に水やブイヨンをよく含ませ(すべての材料を鍋に入れて)、沸騰させてから煮込んで味を引き出し整えます。

レシピによっては、何時間も煮込むスープもあれば30分以内で食べられるものもあり調理法によっても大きく異なります。

スープには、濃厚なもの、薄いもの、塊状なもの、滑らかなもの、温かいもの、冷たいものなど様々な種類があります。

More About Stew

シチューとは、ほとんどの場合、温かい状態で提供され、野菜、肉、魚などの大きめにカットされた食材を煮汁(水、スープまたはストックで風味を増すためにビールやワインを加えることもある)でギリギリまで覆って弱火で長時間煮込みます。

煮込んでいる間に煮汁が減り肉汁のようなベースになります。主役である大きめにカットされた食材と一緒に食べます。また、小麦粉やコンスターチなどでとろみをつけることもある。

シチューはそのままでも食べられますが、マッシュポテトや中華麺、米、穀物(パンなど)をかけて食べるのが一般的です。

コメントを残す