新鮮なバジルが手に入ったらペーストを作ってみましょう。パスタ、サラダ、リゾット、ドレッシング、トースト、ピッザなど幅広く使うことができます。最高のペーストです。

Basil Pesto!

クラッシックなペーストは、皆さんがご存じの通りバジルと松の実を使います。

ところが、私の家には松の実はそうそう存在することはありません。そして、購入したとしても料理に使うこともほとんどありません。(雑穀パンなどに加えてもよいのですが・・・)

素焼きのミックスナッツは、健康維持のために家にあります。その中にはカシューナッツも入っています。松の実ではなくお手頃なカシューナッツを使って、とてもおいしいペーストを作ります。

作ったペーストは、パスタ、サラダに和える、ドレッシング、リゾット、ディップ、ピザやトーストなど様々に使うことができます。

調理器具は、フードプロセッサーを使いますが、ハンドブレンダーでも作ることができます。

ペーストはしっかりと味がついているので、パスタにも和えるだけで美味しいペーストパスタができます。

Ingredients

  • カシューナッツ
  • バジル 
  • パルメザンチーズ
  • 黒こしょう
  • にんにく
  • エキストラバージン・オリーブオイル

How to Make Basil Pesto!

フードプロセッサーの中に、バジル、カシューナッツ、パルメザンチーズ、塩、黒こしょう、にんにくを入れて細かくなるまでプロセッサーでかき混ぜていきます。オリーブオイルを2回、3回に分けて加えさらにかき混ぜます。

滑らかになるまで、またはお好みの細かさになるまでプロセッサーをかけます。

ハンディータイプのブレンダーの場合は、ボウルにすべての材料(オイルも含む)を入れます。ブレンダーで滑らかになるまで混ぜます。

密閉容器にバジルペーストを入れて表面を滑らかにし、オリーブオイルを薄く表面に加えます。(このようにすることでバジルが直接空気に触れず、変色するのを防ぎます。)

蓋をし、冷蔵保存で3日間です。冷凍庫では3か月間保存が可能です。

バジルペーストは、約200ml作ることができます。作ったペースト200mlぐらいに対してパスタの量のは300g~350gです。

シンプルなペーストパスタの作り方はこちらです。

私は、毎年種から育ててますが、時には、新鮮なバジルが欲しい時もあります。種は難しいから苗から欲しい時もあります。この苗はほかのどこよりもお得で良心的な値段です。

種から育てたい!
→ ハーブ有機種子 バジル 新鮮なバジルが欲しい!
→ 大分県・愛知県産 ”特選ハーブ”バジル お得な値段でたくさん苗が欲しい
→ ハーブ スイートバジル 野菜苗 6ポットセット 3号ポット

Basil Pesto Recipe

バジル ペースト!

Servings

200ml

servings
Prep time

15

minutes
Total time

15

minutes

Ingredients

  • カシューナッツ 30g

  • 新鮮なバジルの葉 60g

  • パルメザンチーズ 40g

  • 塩 小匙1/2

  • 黒こしょう 小匙1/4

  • にんにく 1~2片

  • エキストラバージンオリーブオイル90ml

Instructions

  • フードプロセッサーで作る
  • フードプロセッサーの中に、バジル、カシューナッツ、パルメザンチーズ、塩、黒こしょう、にんにくを入れて細かくなるまでプロセッサーでかき混ぜていきます。オリーブオイルを2回、3回に分けて加えさらにかき混ぜます。
  • 滑らかになるまで、またはお好みの細かさになるまでプロセッサーをかけます。
  • ハンドブレンダーで作る
  • ボウルにすべての材料(オイルも含む)を入れます。カシューナッツは荒くカットしておきます。ブレンダーで滑らかになるまで混ぜます。
  • 容器に入れる
  • 密閉容器にバジルペーストを入れて表面を滑らかにし、オリーブオイルを薄く表面に加えます。(このようにすることでバジルが直接空気に触れず、変色するのを防ぎます。)蓋をし、冷蔵保存で3日間です。冷凍庫では3か月間保存が可能です。

コメントを残す