ケーキを冷凍保存できる?

作ったアップルケーキ・バナナケーキなどのケーキを最適に冷凍保存する方法です。食べたい時に、美味しく食べる一番、鮮度の高い方法をご紹介します。

焼いたケーキを冷凍保存する理由

私のお菓子レシピでは、量が多いかもしれません。こまめに何度も作りたくはないですし、食べたい時に作らずに温めるだけというのはとても気が楽です。

そして、ケーキを買うことも少なくなります。お家の冷凍庫に、既に甘いデザートが入っているのですから。

自家製のケーキを常温で保存する場合の期間は3~4日間。冷蔵庫で保存した場合は、5~7日間とされていますが、5日以内に食べきれない場合は冷凍保存をする事がおすすめです。

クッキーも冷凍保存をするようにしています。
しかし、今回はケーキの冷凍保存方法についてまとめました。

焼いたケーキを冷凍保存する方法

STEP1: ケーキを焼き、完全に冷まします。冷ましたケーキを正方形、長方形、丸形など食べやすい大きさに切って冷凍することもできます。

STEP2: 完全に冷めたケーキをラップでしっかりと包みます。空気に触れる部分が少なくなるようにします。しっかりとラップで包むことで新鮮を保ちます。

ここで冷凍保存する場合は日付を書いておくとよいです。冷凍可能のジップロックや容器にいれ、空気を抜き密封します。

STEP3: アルミホイルでラップしたケーキを包む。

さらには、アルミホイルで二重にすることで、鮮度を保ち結露がしみ込まないようにします。冷凍焼けを防ぐことも出来ます。

アルミホイルで包んだら、ケーキが入る冷凍可能容器(袋)に入れるか、さらにアルミホイルを二重にして冷凍します。

冷凍したケーキの保存期間

冷凍保存は、3か月まで可能です。最高の味と食感のために、ケーキは3か月以上は冷凍しない方が良いでしょう。早く召し上がるほど新鮮な味をお楽しみいただけます。

冷凍したケーキの解凍方法

冷凍庫から取り出し、冷蔵庫で解凍します。ケーキの解凍は約3時間~8時間ほどかかります。

室温で解凍することもできますが、冷蔵庫でゆっくり解凍した方がおいしいです。

ここで重要なのは、ラップ / アルミホイルを包んだまま解凍することです。食品は解凍されると結露(水分が出ます)します。

この方法で、結露はケーキではなくラップの上にできるのでケーキが濡れてべとべとになることはありません。

冷凍保存に最適なケーキとは

完全に冷めてからなら、どんなケーキでも冷凍保存が可能です。

バナナケーキ、チョコレートケーキ、キャロットケーキ、パンプキンケーキなど、2重、3重に包むと、きれいに冷凍・解凍されます。

ほかにも、パウンドケーキも美味しく冷凍できます。

※ ただし、デコレーションケーキ(クリームなど付いた)は冷凍保存しないでください。

ケーキの温め方

小分けにされたケーキを食べる場合、電子レンジで温めるのが一番簡単な方法です。または、表面が焦げないようにホイルを被せてトースターで温まるまで焼くこともできます。

ホールケーキを温め直す場合は、190℃のオーブンで30分ほど温めます。ケーキの表面をホイルで覆い、焦げないようにします。