ラムパウンドケーキ
CAKES

〈Kitchen Aid〉しっとりラムパウンドケーキ

Cooks in 1 Hours, 05 Minutes Difficulty Easy
クリック評価お願いします
[Total: 0 Average: 0]

Kitchen Aid キッチンエイドを使って簡単に楽にラムパウンドケーキを作ります。Kitchen Aidを使うと混ぜる手間がなくそして滑らかな仕上がりになります。

Kitchen Aid Moist Rum PoundCake

このKitchen Aid しっとりラムパウンドケーキは、すでに投稿している しっとりラムパウンドケーキと レシピ(量)は同じです。

泡立て器を使って作ることもできますが、ハンドミキサーを使って説明していました。

この度は、キッチンエイド スタンドミキサーを使ったラムパウンドケーキです。キッチンエイドに興味ある、または、すでに持っている方に良いと思います。

このラムパウンドケーキは、軽く弾力のあるスポンジでありながらも、ふんわりしています。

そして、スポンジは水分の含んだしっとり感があります。甘すぎず、卵や小麦・バターのそれぞれの味わいを感じられバランスの良い家庭的な味です。

家庭的な味は、優しさ素朴さ自然さです。ラムの香りが漂う素晴らしいラムパウンドケーキを味わってください。

Ingredients

  • バター 室温に戻す
  • きび砂糖
  •  室温に戻す
  • 牛乳
  • ラム酒
  • 中力粉
  • ベーキングパウダー
  • Kitchen Aid Stand Mixer

How to Make Kitchen Aid Moist Rum PoundCake

このケーキに使うアタッチメントはフラットビーターです。(おにぎりのような形の平らなもの)

付属のボウルに砂糖とバターを入れます。低速ではじめ馴染んできたら4~5にし混ざったら、卵を1つずつ加えながら4~6で回していきます。

回転させながら卵を加え、卵の黄身が見えなくなったら卵を1つずつ加えます。

しっかり混ざったら回転を止めます。

粉を加え低速から始め、牛乳とラム酒を少しずつ様子を見ながら加える。馴染んだら速度を5~6にして滑らかになるまで回転させたら生地の出来上がりです。

17cm の円型に流し入れ、160℃の予熱完了後に60分焼きます。50分くらい経って表面が焦げそうな時は、アルミホイルを被せます。

くしを刺し中が焼けていれば出来上がりです。熱を冷ましてから取り出します。

オーサワ 地粉 中力粉
created by Rinker
大地を守る会の砂糖  喜界島きび糖
created by Rinker

Watch the video

砂糖とバターを混ぜているところです。バターと砂糖が混ざりあったら次に卵を加えます。

▶をクリックしたら動画が見れます。

卵をすべて加えて回転速度は4~5で粘りがでて滑らかになったら次は粉を入れます。

▶をクリックしたら動画が見れます。

粉を入れたら低速から始め、少しずつ様子を見ながら牛乳とラム酒を加え、最後はしっとりとしたきめの細かい生地になれば出来上がりです。

周りに粉がついてますのでへらで落として混ぜ合わせるとよいです。

よつ葉バター×3個
created by Rinker
ラムフォードベーキングパウダー
created by Rinker

Kitchen Aid Moist Rum PoundCake Recipe

<Kitchen Aid>しっとりラムパウンドケーキ

Course: Dessert
Servings

8

slices
Prep time

5

minutes
Cooking time

1

hour 
Total time

1

hour 

5

minutes

Ingredients

  • バター(室温)113g

  • きび砂糖 270g

  • 卵(室温)3個

  • 牛乳 90ml

  • ラム酒 30ml

  • 中力粉 187g

  • 塩 小匙1/8

  • ベーキングパウダー 小匙1/4

Instructions

  • 付属のボウルに砂糖とバターを入れます。低速で始め、馴染んできたら速度4~5にし混ざったら、卵を1つずつ加えながら速度4~6で回していきます。回転させながら卵を加え、卵の黄身が見えなくなったら卵を1つずつ加えます。
  • しっかり混ざったら回転を止めます。粉を加え低速から始め、牛乳とラム酒を少しずつ様子を見ながら加える。馴染んだら速度を5~6にして滑らかになるまで回転させたら生地の出来上がりです。
  • 17cm の円型に流し入れ、160℃の予熱完了後に60分焼きます。50分くらい経って表面が焦げそうな時は、アルミホイルを被せます。くしを刺し中が焼けていれば出来上がりです。熱を冷ましてから取り出します。
クリック評価お願いします
[Total: 0 Average: 0]

コメントを残す