オーブンを使って汚さず手入れ楽(ラク)にぶりを塩焼きします。苦手な臭みもしっかり取りましょう。

Salt-Grilled BURI(Japanese Amberjac

私は魚の臭みが苦手で、特に長女は臭みのある魚は食べれません。そんな魚の臭みがダメな方も、食べれるかもしれません。魚の臭みをできる限り取り除いて塩焼きにしました。

(これなら食べれると言って食べました。)

オーブンで焼くことで、片付けが楽になります。オーブンレンジにグリル機能がついているならばそれを使って焼くのもいいですね。でも、ついてないことを前提にオーブンで焼くことにしました。

ぶりに塩を数時間かけておいて置くことで、しっかり臭みと一緒に水分を出します。

魚の臭みが苦手な方は、塩気がある魚は食べれたりすることがあります。

朝に塩をかければ夕食や昼食に。前日だと朝や昼食にと工夫して塩漬けしておきます。

大根おろしが大丈夫な方は、醤油をかけた大根おろしと一緒に食べるとさらに臭みが気にならなくなるので試してみましょう。

それから、臭みが苦手な場合は赤身の少ないお腹の方(白い部分が多いの)を選ぶと良いでしょう。塩を長い時間つけておいても仕上がりのパサつきを抑えられます。

あとは、鮮度が良いもの。鮮度が良いと臭みも減ります。ブリは、赤身の所がきれいな赤色を選び、黒っぽくなっていないのを選びます。

臭みが苦手な方は下の三つの条件が揃うものが良いです。

塩をふりかけたら、3時間は時間を置く
・白身の多い腹の部分を選ぶ
・鮮度が良いものを選ぶ

Ingredients

  • ぶりの切り身

How to Make Salt-Grilled BURI(Japanese Amberjac

ぶりに塩を両面、気持ち多めにしっかり(まんべんなく)ふりかけます。一切れに対し小匙1/2~1です。ラップをかけ冷蔵庫で数時間(1~3時間)置きます。(臭みが苦手な方は長めに置きしっかりと臭みを出します。)

3時間ほど経つと水分が出てきます。ぶりはキッチンペーパーでしっかりときれいに水分をふき取ります。

オーブンの天板にオーブンシートを敷き、ぶりを並べます。オーブンは350℃で予熱完了したら、15~20分表面がしっかりと焼き色がつくまで焼きます。

臭みが苦手な方は、大根おろしや柑橘系を添えて一緒に頂くとより食べやすくなります。

●魚を盛り付けるときの鉄則として、香りや色どりを添える役目のもの、大根おろしなど口直しになる酸味や甘みの物を「前盛り」といい、右手前に盛り付けます。

●1尾の魚の場合は頭が左で、尾を右に盛ります。

Salt-Grilled BURI Recipe

オーブンでぶりの塩焼き

Course: DinnerCuisine: JapaneseDifficulty: Easy
Servings

6

servings
Cooking time

15

minutes

Ingredients

  • ぶり (人数分に合わせる)

  • 塩 (一切れに対し 小匙1/2~1)

Instructions

  • ぶりに塩を両面、気持ち多めにしっかり(まんべんなく)ふりかけます。一切れに対し小匙1/2~1です。ラップをかけ冷蔵庫で数時間(1~3時間)置きます。(臭みが苦手な方は長めに置きしっかりと臭みを出します。)1~3時間ほど経つと水分が出てきます。ぶりはキッチンペーパーでしっかりときれいに水分をふき取ります。
  • オーブンの天板にオーブンシートを敷き、ぶりを並べます。オーブンは350℃で予熱完了したら、15~20分表面がしっかりと焼き色がつくまで焼きます。
  • 臭みが苦手な方は、大根おろしや柑橘系を添えて一緒に頂くとより食べやすくなります。

Notes

  • 臭みが苦手な方は下の三つの条件が揃うものが良いです。
    塩をふりかけたら、3時間は時間を置く
    ・白身の多い腹の部分を選ぶ
    ・鮮度が良いものを選ぶ

コメントを残す