ストックとブロスの違いって何でしょう?スープやシチューを作る時に使っている液体ですが使い方やそれぞれの違いはどうでしょうか。

Home-made Stock and broth have many advantages

自家製のストックやブロスには多くの利点があります。

このごろ、残り野菜で作るベジタブルブロスを作ったり残り野菜で作るチキンストックを作ったりしました。そして、スープとシチューの違い についても書きました。

日本においてブロスやストックを使った料理は必要ないのだと、住んでいる地元のスーパーを見てもストックもブロスも置いてませんのでそう推測するのですが、都市部になると輸入物など豊富にあるので見つかるはずです。

しかし、私たちは通常、コンソメやブイヨンの固形や液体・粒状のものを購入し、スープなりシチュー・ソースを作ります。

私は、無駄なもの減らす(食品廃棄物)ことに興味があり、ブロスやストックを作ることを実行していくと、お金の節約ができ、時間も作ることもできた上に、健康的な食事にもなりました。さらには、地球も喜ぶのでメリットしかないようです。

私たちはコンソメやブイヨンを購入して料理をするのですが、自家製ブロスやストックはお店で購入するものより体に良く健康を保つのに貢献してくれます。それにメリットしかないので興味があればトライしてみましょう。

次の解説は、ブロスとブイヨン、スープ、ストックの違いって何でしょう?

What’s the Difference Between Stock and Broth?

ブロス、ストック、スープ、ブイヨン、コンソメの違いに戸惑っていませんか? もし、混乱していたならあなただけではありません。

  • ブイヨンは、牛肉や鶏肉などの淡白な肉を煮込んで作る、味付けされた透明なスープのこと。
  • コンソメは、肉や野菜を煮詰めて作った透明なスープで、熱いうちにスープとしてまたは、冷やしてゼリーとして提供されます。

ブロスとブイヨンは同義語(ほぼ同じ意味)であり、ブロスが料理として提供される場合はスープであると言えます。特に、他の野菜や肉、穀物(パンなど)、調味料が加えられる場合はそうなります。

Stock vs Broth

SWANSONのTVコマーシャル #WHY I COOKが見れるだけです。→ https://www.ispot.tv/ad/AH3k/swanson-why-i-cook-colder

ストックとブロスの違いですが、あなたがレシピの中でブロスの代わりにストックを使うことが出来るか疑問に思っているなら、そのことについては大きな違いはありません。

「ブロス」と書かれた製品には味付けがされていて「ストック」と書かれた製品には味付けがされていない場合があるので、成分表の塩分をチェックします。または、味を見てから調味料を加えるようにします。

料理人の中でも、意見が一致していないことがあります。ある人はブロスとストックは同じだと言います。唯一の違いは、ブロスには調味料が入っていてストックには何も入っていないことだと言う人もいます。

Classic Chef’s Think

もしあなたがクラッシックなシェフでそのようなレシピを目指して作っているのであればストックとブロスの違いを区別する必要があるでしょう。

The Culinary Institute of America International Culinary Centerなどの料理研究所・教育機関においてはブロスとストックの違いは、骨と肉の違いだと考えています。

伝統的なストックは、骨と数種類の野菜(玉ねぎ、人参、セロリなど)から作られ味付けはしません。ストックを作る際の目的は、コラーゲンを取る事であり、このコラーゲンによってストックは濃厚になり冷やすとゼラチン状にもなります。これが、ストックの特徴です。ストックは、ソースやスープのベースとして考えられています。

一方、伝統的なブロスは、肉を煮込んだ液体のことです。野菜は基本的にストックと同じですが、味付けがされていることが多いです。ブロスをそのまま出す場合がありますが、その場合はスープになります。コンソメもその一例になります。

ストックはキッチンに置いておくものであり、ブロスは食卓に出すものという見方ができます。また、ベジタリアンの場合は、野菜に骨がないので「ベジタブルストック」は「ベジタブルブロス」と同じ意味になります。

Uses For Home Cooking

私たちのような家庭で料理をする一般人にとってはどうでしょうか。実際のところ、多くの家庭の台所ではほとんど差はないかもしれません。

ストックやブロスには味付けがされているものとされていないものがあり、肉が付いたままの骨を使っても構いません。つまり、家庭で料理する私たちにとっては、ストックもブロスもブイヨンもコンソメも同じものです。

スープやソースなど、様々な料理の基本になり自家製(家庭の味)の変化を作ったり楽しんだり、試したり出来ます。家庭で料理をする一般人である私たちは、その違いにこだわる必要もなく自分のお気に入りを見つけ料理をするだけです。

残り野菜で作るベジタブルブロス
残り野菜で作るチキンストック

コメントを残す