全粒粉ブラウンパン
BREADS

全粒粉ブラウンパン

いいね!と思ったらシェアーをしてね!Thank You!

捏ねるけど、とてもシンプルで簡単に作れる全粒粉とふすまのパンです。あなたの健康に貢献するパンづくり!

Whole Wheat Brown Bread

全粒粉のパン作りでは、世界一、簡単なこねない全粒粉の職人パンがとても人気です。パリッとした表面で職人が焼くようなパンが手間を要せず簡単に作ることが出来ます。

今回は、捏ねる工程を使って少し手間を加えました。捏ねる作業に集中することで、集中力とストレス解消、適度な達成感を得たいという思いから、時にはこういう作業を加えてもいいと思ったのです。

そして、ずっと丸い職人パンだけでは飽きてしまうので海外の食パンのようにしました。

全粒粉とふすまだけを使ったパンですから、焼くときはあまり膨らみません。けれど、100%ならではの苦みと味わい豊かな旨さを感じられます。

白い小麦を加えていないのでふんわり感はありませんが、これこそは全粒粉100%の健康的なパンだと実感できるでしょう。

全粒粉100%のパンが好きな方には、嬉しいレシピのはずです!

15分間ほど捏ねる作業と約1~2時間の発酵をしたら焼きます。それだけです。

サンドイッチ、トースト、そのまま食べる。どれもおいしい食べ方です。ぜひ作ってみましょう。

Ingredients to Make Whole Wheat brown Bread

  • 全粒粉(細挽)whole wheat flour
  • 小麦ふすま wheat bran
  • salt
  • ドライイースト Instant dry yeast
  • 55℃のお湯 warm water

私が使っている全粒粉を下記に紹介しています。
この全粒粉はお菓子作りにもパン作りにも使っています。

How to Make whole wheat brown bread

大きいボウルに全粒粉、小麦ふすま、ドライイースト、塩をボウルに入れて泡立て器でよく混ぜる。

55℃に温めたお湯を少しずつ加え一つの塊にしていきます。

(使っている全粒粉により水分量は変わるのでまとまってきたら水を加えるのをやめます。入れすぎた場合は全粒粉を加えます。捏ねるときに打ち粉をしますのでここでも調整できいます。)

まとまったら打ち粉をした上に生地をのせ15分間捏ねます。べたつく場合は打ち粉を加え捏ねていきます。

型に合わせ長方形にして型の中に入れます。(必要であれば型にはオイルを塗るまたは、スプレーをします。)

発酵機能オーブンがあれば1時間くらいで8割ほど膨らみます。ラップをして1時間~2時間かけて9割まで発酵させます。180℃のオーブン予熱完了後に30分焼きます。

室温でパンを冷まし、スライスをします。

小麦 ふすま ブラン
created by Rinker
ふすま 全粒粉 有機JAS オーガニック全粒粉
created by Rinker

Whole Wheat Flour Recipes You May Like

全粒粉を使ったレシピ

有機穀物で作った天然酵母 ドライイーストタイプ
created by Rinker

Whole Wheat Brown Bread Recipe

全粒粉ブラウンパン

loaf

1

loaf
Prep time

20

minutes
Cooking time

30

minutes
Total time

2

hours 

Ingredients

  • 全粒粉(細挽き)300g

  • 小麦ふすま 15g

  • 塩 小匙1/2

  • インスタントドライイースト 小匙1

  • 55℃のお湯 250ml

  • 油(必要であれば型に塗る)

Instructions

  • 大きいボウルに全粒粉、小麦ふすま、ドライイースト、塩をボウルに入れて泡立て器でよく混ぜる。55℃に温めたお湯を少しずつ加えまとめていきます。
    (※使っている全粒粉により水分量は変わるのでまとまってきたら水を加えるのをやめます。入れすぎた場合は全粒粉を加えます。捏ねるときに打ち粉をしますのでここでも調整できます。)
  • まとまったら打ち粉をした上にのせ15分間捏ねます。べたつく場合は打ち粉を加え捏ねていきます。型に合わせ長方形にして型の中に入れます。(必要であれば型にはオイルを塗るまたは、スプレーをします。)
  • ラップをして1時間~2時間かけて8~9割まで発酵させます。( 発酵機能オーブンがあれば1時間くらいで8割ほど膨らみます)180℃のオーブン予熱完了後に30分焼きます。
    室温でパンを冷まし、スライスをします。
小麦 ふすま ブラン
created by Rinker

コメントを残す